てとやらま

2009年06月14日  Object Collection+蹂躙

e0143051_1952091.jpg

e0143051_19522791.jpg
初めて聞いた蹂躙。これはシェーンとマッドさんのユニット。
シェーンの静かな波のようなノイズにマッドさんにギターが付いたり離れたり。
シェーンがこういう演奏をしているのは、久しぶりに見た気がする。すごく落ち着いていて、素晴らしい演奏だった。
本人も、手応えがあったのだろう。紹介される度にはにかんで笑っていた。

Object Collectionは今回は二人組だったけど、時によってメンバーが増えたりもするらしい。
女の人が机の上で、おもちゃの兵隊や犬や猫の人形をつかって、色々な場面を描きだしたり、工作をしたり。
その上にのっかる音楽が、BGMなのか何なのか、不思議で面白かった。
第二部?は、イヤフォンをマイクにして女の人がフィードバックがおこるなかひたすら歌うようにしゃべっていたが、それは何かスタンガン?か何かの作り方を説明していたそうだ。
最後にObject Collectionの男性の方と、シェーン、マッドさんの3人のセッション。

ぜいたくな演奏。こんな日にもお客さんが少ない。
もったいないな。もっと聞いてもらいたい。





feed your ears with Object Collection and 蹂躙

期日…2009年6月14日(日)
時間…19:00 open / 19:30 start
料金…1,500円(+1ドリンクオーダー)

e0143051_15594915.jpg


Object Collection
ニューヨークのアーティスト/作家/デザイナーであるKara Feelyと作曲家/サックスプレーヤーのTravis Justが、2004年に設立したエクペリメンタルシアター、ミュージックパフォーマンスグループ。ライブでは音と音楽と言葉を使ったパフォーマンスを行う。ニューヨークを拠点として、世界中のアーティストたちとコラボレーションし、さまざまなプロジェクトを展開している。
http://www.objectcollection.us/, http://www.myspace.com/objectcollection

蹂躙
オーストラリア人サウンドアーティスト/ドラマーのShayne Bowdenとアメリカ人ギタリストのMatt Richelsonのデュオ。 「蹂躙はサウンドスケープを創造し、エクペリメンタルフォークを自称する。」
フィールドレコーディング(野外録音)で集めた音源を使い、重層的なサウンドパフォーマンスを行なうシェイン個人での活動より、より具体的でフックのある表現をすることも多く、いわゆるフリージャズとの親和性が強い。
http://www.deterra8.com/, http://deterra-deterra.blogspot.com/
[PR]
by tetoyarama | 2009-06-15 00:00 | tetra
<< 2009年6月19日 ザッカリ... 2009年06月13日 ストラ... >>


art space tetra    とんつーレコード     小山の小さくも山のような日々
by tetoyarama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31