てとやらま

とことこツーリスト5

e0143051_326510.jpg
建立寺に戻ると
鍋の準備が。
そう 今回の「とことこツーリスト」
企画の名前は「ほっこりトラベル」
ほっこり?

地域の職に触れ人に触れ ほっこりしようというのもあるけれど、
お鍋でほっこりしようというのもあったのです。

ここ春吉
これはお鍋。
材料は春吉周辺であつめてきたもの、
これは 晴好鍋をつくるしかない!
というわけで 
晴好鍋ができあがったのでした。

柳橋連合市場でさばいた魚
旬の野菜(大量の春キャベツ)
中村豆腐店てつくった豆腐
練り物屋さんのがんも とか
ちくわ屋さんのちくわ
など 参加者が職業体験しながら集めてきた材料と

隠し味に 春吉のお酒「晴吉の風」

晴好の風をつくるためのお米は
佐賀にある天吹酒造の協力のもと
完全無農薬(もう何年も農薬を使っていない田んぼをつかって)で
合鴨農法でつくられています。

その 合鴨も なんとお鍋に・・・(写真のお肉)
おいしくいただきました

そして〆の雑炊は その晴好の風のためにつくったお米というてっていっぷり。

e0143051_3265121.jpg

それをおいしくいただきつつ、今日いった所の店長さんや春吉の方々もいらっしゃるなかで今日の報告会。
あそこも行ってみたい 今度行こうという声がたくさん。

それぞれがつくった春吉クイズ大会をして
おおいにもりがりつつ
夜はふけていったのであった・・・

e0143051_22251497.jpg

今回 体験/見学でお世話になったところ

・右近商店(柳橋連合市場内の魚屋さn)
・ハニー珈琲(マヌコーヒーさんと一緒に買い付けなどもしているらしい。)
・大庭鍛冶屋(包丁などをつくっている。)
・佐藤純一商店(ホテルなどに野菜をおろしており、珍しい野菜や山菜がたくさん)
・甘栗屋さん(柳橋連合市場)
・天神スタンプ(店長の印鑑コレクションがものすごいらしい・・・鑑定団もの)
・高松の蒲鉾(柳橋連合市場 蒲鉾屋さん)
・新高砂マンション(リノベーションのマンション)
・太田屋仏具店(18金の御鈴 仏壇について)
・中村豆腐店(寄せ豆腐おいしかった・・・)
・平間饅頭店(和菓子の勉強をしてまたこの場所にかえってきてください)
・Chopper Tooth(いつかジーンズを・・・)

懇談会/WS会場/台所提供:建立寺

この とことこツーリストのうしろには 春吉実行委員会という、商店会の人が中心になっているグループがついていて・・・というのは 
で書きました。

近年いたるところで行われている まちづくり系のアートイベントには
正直懐疑的です。
全く関係のないところから 作家をつれてきて 「アーティストの目線を入れてみる」というような。それも 全く違う視点をいれることで新しい発見があったり 全く違う捉え方をされたりなど は、確かにあるのかもしれないけども。
けれどその多くは 「アート」とか「アーティスト」とかいう言葉を使っていることで
逆にうさんくさいもののように感じられる。少なくとも自分にとっては。
私はもともと「アーティスト」や「アート」という言葉が好きではありません。
それはその そこで感じる胡散臭さにも由来しているのだと思う。

物をつくっているだけでアーティストなのか
何がアートなのか。ということ。

ちなみに今回のとことこツーリストは アートなんて言葉は使っていません。
それでいいと思う。

以前 藤浩志さん主導で筑前深江で行われた筑前深江アーツキャンプにこちらもボランティアスタッフで参加したことがありました。
こちらはアートという言葉がついているけど、


今回のとことこと共通しているのは
その場所に住む人が中心となって イベントを動かしていること。
そこにいるのは 美術作家としての藤浩志よりも先にその地域に暮らし、生活する一人の地域のおじさんで
同じようにその地域に住む人たちが 動く。
その結果廻りの人がまきこまれて
また違う魅力が見えてきたり
新しい人間関係ができたり
違う興味がうまれたり。

そういうことがもしかしたら ある意味でアートと呼べるのかもしれないけれど
はじめからアートの力で とかアーティストの〜という文句が出てくると
ああ またかと思ってしまうのも確かだ。おかしな流行にしか思えない。

アーティストだからといって
普通の人と何が違うのか
というか 普通の人ではないのか?という疑問。
一段高いところに居るかのような 
勘違い。

特にアートとつけなくても アーティストといわれる人たちのあたらしい目線や行動を借りなくても
地元パワーというか 実際にその場所に住んでいる人のパワーというのははかりしれなくて むしろそこに住んでいて 住んでいるからこそその場所のことも場所の力も分かっていて
もちろん愛着や 想いも強い。
だからこそ
他人をも巻き込んでいく力があるし
巻き込まれるからこそ 自然に色々なことが見えてくるし入ってくる。
お金をかけなくても アートだなんだのと言って宣伝をして助成金をとってとしなくても
ゆるやかに 広がっていくようなことができる。
それでいいんじゃないのか。

そんなことを思ったイベントでした。
[PR]
by tetoyarama | 2008-03-08 22:50 | oyama
<< 公共広告機構 シカクラ >>


art space tetra    とんつーレコード     小山の小さくも山のような日々
by tetoyarama
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31