てとやらま

8/23 noconochimaher

e0143051_1028142.jpg
マヘル・シャラル・ハシュ・バズに参加。

マヘルは工藤冬里さんのバンド
その土地土地でメンバーを集め。
リハのときに工藤さんより楽譜を渡され、練習し、演奏する。
基本的には五線譜なので、楽譜が読めることが条件。それだけ。
下手でいい。

その場で練習するだけなので、参加者の熟達していない感じ、合わないけどあわせようとする感じ、そしてそれでもだんだんうまくなっていくのが面白い。
去年テトラでも一度やっていて、その時私はカメラでとっていたのだけど、
まるで食べるとほろほろとくずれるクッキーのようだなと
思った。
リハから見ていて、だんだんだんだん 合っていくのが
なんだか大木さんのメイを思い出した。


のこのしマヘルはキーボードで参加。
いやいや、楽しかったです。
弾けなさすぎて工藤さん個人指導。
リハの予定が本番の時間までずっとみんなで練習。
かっぱさん曰く こんなに入念にやるマヘルははじめて見た と。

ノコニコの中で演奏してたのが私 冬里さん 大谷さん かっぱさんの4人で
他の人は外で演奏。
隣にアンプをおいていたのもあって
全体がどうなってるのか全然わかりませんでしたが
ほろほろとした演奏になっていればいいな。

25日に見た篠田さんドキュメンタリーの映画の中で
篠田昌巳が
「マヘルは工藤くんの日記につきあってるみたいなものだから…」と言っていたが

ほんと
そうだ。

月夜の浜辺が よかった。

それを拾って役立てようと
僕は思ったわけではないが

***
映像をとっている女性が一緒にきていて、
工藤さんのドキュメンタリーを作るんだという。
完成が楽しみ。
工藤さん、はじめてしゃべった
かなり不思議な人でした。

写真は1枚だけあった 鍵盤で示してある楽譜。
●は「とてもよろしい」
○は「ひいてもよい」
×は「ひいてはならない」
で、この○と●を自分の感覚で即興でひけ というもの。
全然ひけなかったのに、ひけなかったから?
あれはかっこよかったですよ とほめられた。


刺激になりました。
[PR]
by tetoyarama | 2008-08-23 22:16 | oyama
<< 8/25 ≪篠田昌已 act ... 8/1-8/4 NEW DAY >>


art space tetra    とんつーレコード     小山の小さくも山のような日々
by tetoyarama
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31