てとやらま

2009年11月27日

かえってきて 一つイベントを終え、
フランスの記録を変換して送ったり、展覧会を見にいったり、している間に
なんというか自分の力不足から厳しいことを言われたり、少し人が怖くなったり言葉について考えたり、いろいろな気持ちのぐらぐらがあった。
そのような中でいろいろとぐらぐらと考えているうちに なんだか頭が一つの方向へ向かいだす。それはいままでも気づいていたけどいろんなことでごまかしていたことで。なにを見るにしたってまず足下がぐらついてちゃ何もできないはずで、そこをかためるためにも一度必要なことだ。
疑問があれば問いただせばいいし枠があったら壊せばいいし それを自分でつくるなんて馬鹿げてる。だれよりも決められることとかあの人は何々だみたいな言い方に反感をもちながら自分でそれつくってたら世話ないなあ というわけで。

フランス旅行は実はかえってきても 「フランスいってきた!」みたいな気持ちに全くならない。
フランスにいる間も 全然ならなかったし たくさんのものを見た感動やここでしか会えなかった人もいると思うけれど、でもそれはフランスだからってことではない。それは実はいいことなのかな。
といいつつも、これが種になっていつかどこかにつながるのをまっている。

とにかく 自分でも何か作ることにした。
これは後々江上さんのコメントによって気持ちだけは補強されていく。
はじめてなので どんなものができるのか。とりあえずイメージだけはあって、これをしぼっていかなけあ。けあって宮沢賢治みたいだな。

「人は 自分の心にないものは
他人の心にも見いだす事のできない生き物じゃないかね?」

そゆことそゆこと

人が見切りをつけていくということは自分が見切りをつけているってこと
あしもとをみよう。
[PR]
by tetoyarama | 2008-11-27 23:50 | oyama
<< 12月05日  three b... 11月25日  EGAMI K... >>


art space tetra    とんつーレコード     小山の小さくも山のような日々
by tetoyarama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30