てとやらま

12月30日  仙台ー福岡のミラクル

6時4分発東北本線上りにのるため、仙台駅へ。
ところが、
昨日の大雪と強風のため30分おくれで電車でる
かつ
白石ー郡山間運転見合わせ…
今日中に大阪までいくよていであったが
果たしてどこまでいけるのだろうか…
うまく乗り継いでも12時前ううむ 楽しい。

山あいが美しい

ぃま すぃろいしで でんすぁが 止まるってんで どーすぃよっかなて感ずだな

っておじさんがなまりバリバリで
喋ってますばい。

* * * * *
白石駅着。さてどうしよう と、とにかく待合室におこしくださいといわれるので待つ。
そして白石から福島までJRの用意したジャンボタクシーでむかう。(結構遠いのね)
「何年か前にあったでしょう、風で脱線する事故が。あれからすーぐ止まるようになっちゃってねぇ。」
10時すぎ。でもこの時点で今日中に大阪につくのはアウト。
どうしようどうしよう。日本海側にいっても夜行はたぶんあいてないし、こちらも風影響でとまっている可能性が高い。
でも大阪まで行かないと2日で福岡まで帰るのは無理だし、でも18切符もぎりぎり今日と明日の分しかない。
し、金もない。
というわけで苦肉の策、新幹線で福島ー東京。7500円。これが一番安い手段。
(ちなみに新幹線もちょうどシステム故障でとまっていて、私が11時に乗ったのは本当なら7時半発の最初の新幹線だったらしい。東京駅はこんでいた。これが年末だからの混み具合なのか、システム故障による混み具合なのか、それはよく分からない。)
この時点で手持ちが1000円を切る。
東京から鈍行で富士山にまたこんにちはして
大阪着の午後21時40分。予定より早い。さてこっから知人宅へ・・・と思ったら
電光掲示板に「ムーンライト九州22:07」の文字。

そもそも行きの大垣―東京間のムーンライトながらも予約の段階で大分前に売り切れていたのだし
年末だしやっぱ無理だろうなーと思ってしかし緑の窓口にいってみると
「一席だけあいてますよ!」と。窓口のお姉さんもちょっとびっくり。
早速買って そのまま乗車。
朝早かったので昏々と眠り、気づいたら7時半で博多着。

ナイスタイミング。
ミラクルだ。30日の夜到着と思っていたのに。
おかげでこの日に約束していた友人との集まりに間に合いました。

この驚異的なタイミング。
これは  来年の前振りだな と思っとこう。

* * * * *
友人の実家である空港近くのお寺で「六ヶ所村通信01」を見る。

世界はそれ自体は劇的に変わらないけど、その一方で確実に世界がいっぺんに劇的に変わることってある という話が面白かった。人はいくらでも生まれかわる。
世界のあらゆるものごとは、全てが繋がっていると、そういう考えがその宗派にもあるそうだ。それこそ円環運動だな。

それにしても 友人と、集まった友達もどちらも同じ宗派の寺の娘で、でも寺つながりで知り合ったとかじゃ全くなくって、
バイト先で、偶然一人が玄米ごはんのおにぎり食べてて もう一人が「玄米おにぎりなんて、もしかして家はお寺ですか?」って聞いたことからはじまったんだって。「あ、そうです。」って。コントか。
[PR]
by tetoyarama | 2008-12-30 00:00 | oyama
<< 12月31日  年末 12月27日  ユンボとテニスコーツ >>


art space tetra    とんつーレコード     小山の小さくも山のような日々
by tetoyarama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31