てとやらま

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

9/23-10/5  タイラカ vol.1 - 瀬戸口朗子 個展


タイラカ vol.1 - 瀬戸口朗子 個展

会期…2008年9月23日(火)〜10月5日(日)
時間…平日 16:00~21:00 / 土日祝 13:00~21:00
休日…9月29日(月)
料金…入場無料

クロージングパーティ…10月4日(土)19:00〜
ディレクター…小山冴子
e0143051_2315480.jpg
























タイラカ


このシリーズでは
主に20代の作家を紹介していきます。
自分の今いる場所や立ち位置、表現方法、方向性、何をのこしたいのか。
制作をするということについて真剣に考え、悩み、常にそこから抜け出し、進化していこうとする意思と態度。
そういう態度を持ち続けることは、実はとても難しいことです。

常に変化を続ける彼/彼女らの
その変化の一点を展覧会としてとどめ
記録し、公開することに、本展の目的はあります。
彼らの活動が
点から点へ、線になり、面になり
平らかに広がっていくことを願って。


第一回となる今回は瀬戸口朗子をとりあげます。

画面をいくつもの円で区切り、それぞれの中に別の世界を描き込もうとした初期のscapeシリーズ。その後の、植物の葉が広がるような、画面を奥に奥に重ねる変化。
常に空間の広がりを意識し、別の世界を重ねようとする彼女の作品からは、自分の生まれ育った佐賀県谷所という場所の自然や光に影響をうけつつも、常にそこから抜け出そうとする意思をよみとることができます。
自分の作品について、どういう表現をしていくべきか、何が描きたいのか、常に今の自分の立ち位置を確認しながら、そこから一歩も二歩も踏み出そうとする彼女の作品は、まだまだ変化の途中で不確定な部分もありますが、その変化のスピードと飛躍の仕方は私たちに、この先の作家の展開を期待させずにはいられません。
今回の展示作品には、搬入の前日まで筆を入れていた作品もあります。
常に変化を続ける作家、瀬戸口朗子の今をみつめてください。
                                       
小山冴子 
[PR]
by tetoyarama | 2008-09-23 02:31 | oyama

9/11-21 札幌から20代の女性作家2人がテトラにやってくる(よ)。


札幌から20代の女性作家2人がテトラにやってくる(よ)。

期間…2008年9月11日(木)〜21日(日)

リサーチ …11日〜14日 
公開制作…15日〜18日 13:00〜20:00
成果発表…19・20・21日 13:00〜20:00

9月21日(日)18:00〜 交流パーティー(差し入れ歓迎!)
e0143051_2474671.jpg















〜2008年秋、福岡に北からの風が吹く〜

北の国、北海道札幌から20代の若手女性作家2名が南の国、福岡にやってきます。

北海道へ向かおうとする私に、「”福島より北にアートはない”とよくいわれている」とそう言ったのは誰であったか。
今では様々な美術館がたち、プロジェクトが行われ、アートNPOだってある。
何やら北が盛り上がっている気すらする。
そこにアートがあるのか、ここにアートがあるのか、どこにアートがあるのか、それは正直なところ見えないけれど、何かをしようとしている若い人たちや、制作を続ける作家たちや、なにやら面白スペースは、実はどこにだってあるのだ。


今回は札幌にてアートの実験と環境作りを実践する集団として1998年より活動を続ける作家グループ「PRAHAproject」から、メンバー最若手の櫛引敦子と、同じく札幌にて勢力的に活動を続ける作家・澤口紗智子が福岡を訪れ、制作、リサーチ、発表などを行います。


櫛引 敦子
1985年北海道札幌生まれ。
2006年、札幌にてアートの実験と環境作りを実践する集団として1998年より活動を続けるグループ「PRAHAproject」に参加。以降、「漫画救済活動」をテーマにインスタレーションを制作、積極的に展覧会やアートイベントへの参加を行っている。また、札幌在住の作家資料をファイリングし、各地へ届けるプロジェクト「ノースマン」や、福岡から作家を招き展覧会を企画するなど、作品制作だけにとどまらず、札幌の内外を問わず多彩な活動を続けている。今回福岡では作品制作のほかに、県内のアートスペースをめぐり、福岡アートシーンについてのリサーチを行う予定。

澤口紗智子
1983年北海道北見市生まれ。
普段意識せずに過ぎ去ってしまうことのおおい、見つめること、見ること。その中に存在する目には見えない想いや情景、「視線」をテーマに作品制作を続ける。
作品はドローイングやパフォーマンスなど、その場所や展覧会によって形態をかえる。今回はart space tetraでの滞在制作の他に、各地でのパフォーマンスをつないだビデオ作品を制作する予定。
[PR]
by tetoyarama | 2008-09-11 00:57 | tetra


art space tetra    とんつーレコード     小山の小さくも山のような日々
by tetoyarama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30