てとやらま

カテゴリ:tetra( 46 )

9/11-21 札幌から20代の女性作家2人がテトラにやってくる(よ)。


札幌から20代の女性作家2人がテトラにやってくる(よ)。

期間…2008年9月11日(木)〜21日(日)

リサーチ …11日〜14日 
公開制作…15日〜18日 13:00〜20:00
成果発表…19・20・21日 13:00〜20:00

9月21日(日)18:00〜 交流パーティー(差し入れ歓迎!)
e0143051_2474671.jpg















〜2008年秋、福岡に北からの風が吹く〜

北の国、北海道札幌から20代の若手女性作家2名が南の国、福岡にやってきます。

北海道へ向かおうとする私に、「”福島より北にアートはない”とよくいわれている」とそう言ったのは誰であったか。
今では様々な美術館がたち、プロジェクトが行われ、アートNPOだってある。
何やら北が盛り上がっている気すらする。
そこにアートがあるのか、ここにアートがあるのか、どこにアートがあるのか、それは正直なところ見えないけれど、何かをしようとしている若い人たちや、制作を続ける作家たちや、なにやら面白スペースは、実はどこにだってあるのだ。


今回は札幌にてアートの実験と環境作りを実践する集団として1998年より活動を続ける作家グループ「PRAHAproject」から、メンバー最若手の櫛引敦子と、同じく札幌にて勢力的に活動を続ける作家・澤口紗智子が福岡を訪れ、制作、リサーチ、発表などを行います。


櫛引 敦子
1985年北海道札幌生まれ。
2006年、札幌にてアートの実験と環境作りを実践する集団として1998年より活動を続けるグループ「PRAHAproject」に参加。以降、「漫画救済活動」をテーマにインスタレーションを制作、積極的に展覧会やアートイベントへの参加を行っている。また、札幌在住の作家資料をファイリングし、各地へ届けるプロジェクト「ノースマン」や、福岡から作家を招き展覧会を企画するなど、作品制作だけにとどまらず、札幌の内外を問わず多彩な活動を続けている。今回福岡では作品制作のほかに、県内のアートスペースをめぐり、福岡アートシーンについてのリサーチを行う予定。

澤口紗智子
1983年北海道北見市生まれ。
普段意識せずに過ぎ去ってしまうことのおおい、見つめること、見ること。その中に存在する目には見えない想いや情景、「視線」をテーマに作品制作を続ける。
作品はドローイングやパフォーマンスなど、その場所や展覧会によって形態をかえる。今回はart space tetraでの滞在制作の他に、各地でのパフォーマンスをつないだビデオ作品を制作する予定。
[PR]
by tetoyarama | 2008-09-11 00:57 | tetra

7/15 山笠

e0143051_2213721.jpg


そもそも福岡という地名は黒田家の出身地にちなんでつけられたもので
もともとは博多という商人の町であった。
とまあこのへんは播磨灘物語。

福岡といえば博多
博多といえば山笠。

art space tetraは山笠の中心?山笠廻り止めのすぐ近くにある。
山笠を簡単にいうと、町ごとに(この区画も昔ながらのものなので、いまいちまだ私にはよくわかってない。なんといっても山笠を見るようになってまだ3年目なのです!)
神輿があり、15日の追い山当日には朝4時59分を合図に、
山笠が順番に 博多の総鎮守・櫛田神社にはいり(櫛田入り)、そこから出発して町の中を神輿をかついで走り、
ゴールへのタイムを競う。

そのゴールが廻り止めであり、つまりテトラの斜め裏の石村萬盛堂のあたりなのである。

e0143051_23131765.jpg
7月1日を迎えるといよいよ山笠本番。
15日の追い山に向けて流れかき、追い山ならし などなど 毎日のように山笠が動く。町には飾り山が登場し、ふんどしの男達があふれ、かなりの賑わいです。
はっぴも組ごとに違うらしく、デザインもいい。上のはっぴは「すノ一」のはっぴかな。

山笠が櫛田入りする順番は毎年かわる。そして今年はテトラのある「大黒流れ」が一番山かさ(いちばんに櫛田入りする山笠ということ)で、しかもテトラのある地域は大黒流れの中でも須崎のすの一という組で、(ちなみに待ちの名前は須崎町です)
今年はここが当番町。
ということで 今年はテトラを出てすぐの所に山がたった。
詳しい人の話によると一番山笠と当番長が重なるのは84年に一度??らしい。
(あいまいですが。間違っていたらすみません。)

この日は テトラにて滞在製作をおえ、帰国を控えたギャビンと山笠見物。
流れかきのときも 熱心に男達が山を担ぐのを見ていたギャビン。
山笠の予習もしてきているらしい。

9−22時の13時間のアルバイトをおえ、テトラへ行くとやはり誰もいない。
事前に家で睡眠をとって 24時すぎとかに来る というのが慣れた人の方法。
しかし町としてはこの夜はほとんどの家がおきていて
もちろん 準備がはじまっている。

本当は 不幸があった家いえをまわってする儀式だとか、
若い者が 年長のお偉いさんをおこしてまわるとか、いろいろあるのだけど、まだそこまではまだ私の頭にはいってないので、あとからテトラの山笠担当・日本文化通はっちゃんに聞いて
来年は見よう!と思うだけなのですが。
とにかく。

櫛田入りを見るために櫛田神社へ向かう。
人人人 人の波。祭りだ。人ごみは嫌いだけど祭りなら好きだというこの矛盾。
たくさんの人 山笠のアナウンス。隣の居酒屋、ちりとりの大将が今日はいつもと違う。顔は赤いが表情は堅い。
4時59分になるとともに、大きなかけ声と太鼓の音、一番山かさの櫛田入りで、
ここで「祝いめでた」を唄って出発である。
一目見ようとぎゅうぎゅうになっている観客も一緒に唄う。
e0143051_23103167.jpg
山笠が出発すると 見物人は三々五々、わかれていく。
山笠のコースは意外なほど長く、間にいくつも形式があって
見所も多いらしい。今回は ゴール近くの(テトラのまわりは古くからある問屋街でもあるのだが)町の四つ角にいき、大黒流れが来るのを待ち、それが角を曲がって通りすぎたのを見届けてからテトラ前へ。ゴール前はたくさんのお客さんに、取材のテレビカメラが何台も何台も 中継車などもあって、ものすごいことになっている。

山笠はまだ3回しか見たことがないが、年々人が増えている気がする。

歩きつかれたので(どうやらギャビンも) テトラの2階から山笠観戦。
いきおいよくかけられる水 かけ声。
早いところは本当に早くて、そのたびに歓声があがる。

夏の風物詩です。




e0143051_2342343.jpg


16日にギャビンお別れパーティがあり、
17の早朝にギャビンは帰国します。

1ヶ月早かった。
私はYCAMに居た期間もあったので、
ほんとに少ししか会っていない気がする。
「山笠担ぎに戻ってくるよ」って言ってたかな。

ギャビンは国にかえり、
その後、イギリスの大学院に通うのだそうです。

「学校を出たら何をしようと思ってる?」(みしま)
「アートだよ」(ギャビン)

GAVIN WEBER

美術をずっとやってきて美術の教育もうけてきて技術もある。
ギャビンには迷いがあるのだろうか。
自分の仕事はアーティストとして作品をつくることだと
言い切る。言い切れる。自信もある。
経験と知識と技術と信じること。彼の中には、そして多くの美術家の中には、確固とした「美術」というものが存在しているのだろうと思うけれど、それは何なのだろう。
具体的な形を持っているのだろうか、言葉で言えるのだろか、イメージであるのだろうか。
さて 自分は何なんかいなと考える。
なぜ 場所をもっているのか。何のために?そしてなぜこのようなことに関わっているのか。

「小山さん、美術嫌いでしょ」と言われたことがあった。
それに対して
「良い作品を見たこともないのに 好きとか嫌いとか言ってんの?馬鹿じゃない」と言われたこともある。同じ時期だ。独自性が出せないならアートなんてやめてしまえ とも。
どちらの台詞も尊敬してやまない人たちからの台詞。
前者の台詞は もう少し限定された範囲での話だけど。

アートですアーティストです といわれても、自分ではそう納得できないというか
はあ・・としか返せないものってたくさんあって
造られたものが全てアートだ美術だなんて思わないし
自分のなかで確実にあるはずのその判断基準のラインはまだ見えない
しかし、もっと、美術って 違うんじゃないか という漠然とした理想はあって
だからこそ これは違うんじゃないかという疑念が常にある。
アートって もっとさ、、、という気持ち。漠然としすぎなのは分かってる。
一方で、これが素晴らしいと声を大にして言えるものにも確実に出会っている実感はあって
それは作品もそうだけど人であったり 事であったりもするのだが
とにかく今は色々なことを保留にしている。

でもはっきりした部分もあって
これは残していかないと と思うものもある。
[PR]
by tetoyarama | 2008-07-16 21:55 | tetra

6/10 梅田くんと鈴木さん

e0143051_0474084.jpg


■■■ 梅田くんと鈴木さん ■■■


開催日…2008年6月10日(火)
時間…開演 20:00 
料金… 1,000円(+1drinkオーダー)

出演. .,梅田哲也 鈴木淳

主催 3150

場所と音、響き、状態。常に空間のキャラクターに焦点をあてた作品制作を続ける梅田哲也。 その作品はライブパフォーマンスになることも、インスタレーションという形をとることもあります。
自作のサウンドツールやそれによって引き起こされる現象、あるいは物そのものによって、
自分達の今いるその場所や音、「聴く」という認識の範囲までをも変化させていくその演奏は、
会場や観客の状況、空間そのものと密接に関係しており、ほかの場所でも、たとえ同じ場所でであっても、再現不可能なものです。
北九州国際ビエンナーレ’07での巨大な倉庫の音の廻りを存分につかったパフォーマンスやISOらとのセッションは、記憶に新しいところですが
今回は福岡県在住の作家と競演します。


混雑する通路に一本の白線を引くことで瞬時に人の流れを左右に分断した「ホワイトライン」や、お客さんと対話しながらその人の似顔絵ならぬ似木絵を描く「似木絵、どうです?」のパフォーマンス、
生活のなかの普段気にとめることのないような断片をひたすら並べ、名前をつけることで、漠然とした日常にさざ波をたてる映像作品シリーズ「だけなんなん?」など、
ちょっとした、けれど大きなボタンを掛け違えることで、人との関係や価値観をずらし、今見えている世界すらも大きく鮮やかに、ときにしょぼく、ささやかに変えてしまう鈴木淳。


スタイルも活動軸もまったく違うこの二人の作家が art space tetraという場所で何をおこすのか。
どんな音がうまれ
どんな「こと」が見えるのか



ライブかパフォーマンスか展覧会か

あるいは全て


ご期待ください。



======================================================================
梅田哲也

現象としての音の動きや空間のキャラクターに焦点をあてたインスタレーションやライブパフォーマンスを行う。「Festival Beyond Innocence」(2002-2007/大阪)や「INSTAL」(2006/スコットランド)などの音楽フェスティバル、「Sound Art Lab」(2005/大阪)、「the listening project」(2006/ロンドン)、「waitool sounds」(2007/サンフランシスコ)、「Sound Effect Seoul」(2007/ソウル)、「Blurrr」(2007/テルアビブ)など展覧会やイベントに多く参加。大阪在住。2006年にImprovised Music from Japanより“ocket”をリリースしている。

http://www.siranami.com/


鈴木淳

混雑する通路に一本の白線を引くことで瞬時に人の流れを左右に分断した「ホワイトライン」や、既に300タイトルを超えるであろう映像作品シリーズ「だけなんなん?」
段ボールの木の下でお客さんと対話しながら、その人の似顔絵ならぬ似木絵を描く
「似木絵、どうです?」のパフォーマンスなど、日常への介入やその断片化によって、人との関係や価値観をずらし、私たちと日常との関係性を再構築する試みを続ける。北九州市在住。映像作品、パフォーマンス、ワークショップ、絵画、インスタレーション、写真、廃材を使ったオブジェなど、多種多様な創作活動を勢力的に展開している。

http://home10.highway.ne.jp/atusi33/suzuki



* ******************

現在熊本市現代美術館で開催中の「ピクニックあるいは回遊」展に
両作家ともに参加しています。
8日の日曜日には、近隣の河原町問屋街にて行われる「河原町アートの日」にて
梅田哲也さんのライブパフォーマンスが行われるようです。
お時間のある方は ライブ・展覧会とともに こちらも合わせていかれてはどうでしょうか。
http://www.kawaramachi.net/
http://www.camk.or.jp/
10日のライブとは全く違うものになるはずです。

e0143051_0494191.jpg

[PR]
by tetoyarama | 2008-06-04 00:50 | tetra

シカクラ

e0143051_124320.jpg

建立寺でてぬぐい作りがあっている間に
少しぬけてテトラへもどる。


今日はテトラではシカゴクラブナイトというイベントがあっています。
開場は17時の早い時間。
シカゴクラブナイトとは
「聴くライブ」を と古賀竜太さんが続けているイベント。
今回は場所がテトラということもあり、場所に合わせてアコースティックバージョンのものが多い。
時間が早いのもあって 一面がガラスのテトラは明るくて、カーペットが敷いてあり、
すごくゆるやかな午後の時間が流れていた。
「ご自由にどうぞ」とお菓子が積んであったのが ほほえましい。
入ってきた人に声をかける古賀さん。
この人はいつも来た人ひとりひとりに声をかけて お礼を言う。


古賀さんも というかみんなこのへんでやっている人はそうなのだけど
普通に会社で働きながら
それ以外のところでイベントをやって たくさんのいいバンドを呼んで
そんなことをもうずっと続けている。
しかし古賀さんを見ていると
本当に好きなアーティストと 自分がやりたい企画を実現させていて
出演者との信頼があって
いつもものすごく楽しそうだ。
そのぶんものすごく大変だろうけど。

音楽が好きで やりたいことがあって、一緒に企何かしたい人が居て、
仕事は別にあるけど 仕事じゃないからこそ 本当に好きなことだけやれる。
全力で。

e0143051_125958.jpg


私はとことこに戻らなくてはならなかったので
最初だけお手伝い・・・というか物販といいつつ座ってただけだけど。
小林亜希子さんと、植野さんを2曲目まで聞いて出た。

e0143051_132129.jpg


イベントというのはその人の人柄がものすごく出るなぁと思った。

去年9月に行った「trop#1」の時の音源を やっと植野さんに渡すことができた。

ちなみにそのtropの時いった 能古の島の古賀さん。


e0143051_21102511.jpg

[PR]
by tetoyarama | 2008-03-08 22:40 | tetra

山内桂ライブ

e0143051_23333058.jpg


吉村光弘/山内桂 live

開催日…2007年03月07日(金)
時間…開場 19:00 / 開演 19:30
料金…1,500円(1ドリンク付)
Live…吉村光弘(東京), 山内桂(大分), 諸岡光男(福岡)


e0143051_23342788.jpg

大分に住むサックス奏者 山内桂さんのライブ。
吉村光弘をゲストに、
福岡からは 諸岡光男が参加。写真は諸岡。

この日は特にお客さんがすくなかったのだけど、
ものすごく濃密な演奏だったし、集中して聞くことができ、贅沢だった。
吉村さんのフィードバックを利用した演奏は
音というか 振動というか 何かが脳味噌の中を走り回っているようなかんじがして
その振動が風船を割った。あれはどうなっているんだろう。
音の粒がたくさん暴れ回っているのが見える気がした。
e0143051_23393392.jpg

e0143051_23344891.jpg

諸岡光男はテレビでのノイズと
今回は新しい試みか
テトラの2階床や階段にピックアップマイク(か?)を取り付け、それをミキサーに接続。
2回の床を鳴らし階段をあがる音が 音に変換されて下のスピーカーから流れる。

山内さんの倍音。

音の仕組みとか音楽のことについても
あまりうまくかけないのですが
ものすごくいろんな音が聞こえて
濃密な時間だった。
[PR]
by tetoyarama | 2008-03-07 22:29 | tetra

INSTANT PLACES - Laura Kavanaugh and Ian Birse -

e0143051_0352749.jpg


■■■INSTANT PLACES - Laura Kavanaugh and Ian Birse -■■■

公開製作期間 2008年02月04日(月)〜16日(土)
(期間中13時〜20時の間、彼らの仕事を公開します。ただし、彼らが外で作業をしている等の事情により閉館している場合がございますので予めご了承下 さい)

パフォーマンス part 1 /アーティスト・トーク
02月08日(金)

パフォーマンス part 2
02月16日(土)

-------------------------------------------------------------------------
ローラ・カバナフとイアン・バースはカナダ出身のアーティスト。1997年以降、音と映像による即興的な環境構築プロジェクトを開始。主にアナログ/デジタル・サウンドとライブ映像をミックスしたパフォーマンスを行う。1997年から2002年にかけて、カナダやヨーロッパ諸国を旅しながら、ギャラリーやフェスティバルでインスタレーションとパフォーマンスを行い、そこでの経験を元に、2003年以降「インスタント・プレイス(Instant Places)」プロジェクトを開始。MAX / MSP / Jitterでデザインされたシステムを用い、空間を構成する物質や現場での行為がリアルタイムに移行/転換されていくような、ロケーション・スペシフィックな作品を制作している。これまでカナダ国内各地で作品を発表。オーストラリア、イギリス等でもプロジェクトを行っている。

http://www.instantplaces.ca


パフォーマンス part 1(共演:坂口壱彦)
アーティスト・トーク(司会:岩本史緒)
02月08日(金)
19:00 スタート
1,000円(1ドリンク付)
テトラメンバーでもある即興自作楽器演奏家・坂口壱彦との共演。小型ラジカセ、光センサー、磁石、ハンド・メイドギター等々を用いる坂口の奔放な演奏に、イアンとローラはどう反応するのか。お互いが持ち寄るネタのやりとりに、あなたは失笑!? それとも喝采!? それとも……。演奏後はアーティスト・トークで二人の過去作品を振り返りつつ、今回の滞在制作の意気込みを語る?


パフォーマンス part 2
02月16日(土)
19:00 スタート
1,000円(1ドリンク付)
二週間の滞在でイアンとローラは、アートスペース・テトラという空間とその外で起こった様々なことに何を見出すのか。その場にいることが非常に重要な、ある瞬間にそれまでの状況が大きく転換されるような、限りなく短い時間のフレームワークが歴史や時計によって規定された大きな時間のフレームワークに切り込み、裂け目を生じさせるような…パフォーマンスの間、観客はアーティストと共に、時間が一時的に宙づり状態となった空間に入り込んで行くことになる。
[PR]
by tetoyarama | 2008-02-04 00:01 | tetra


art space tetra    とんつーレコード     小山の小さくも山のような日々
by tetoyarama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30